<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.09.06 Tuesday  | - | - | 

【あねのねちゃん】 梶尾 真治

[ 小説本 ]
4104402036 あねのねちゃん
梶尾 真治

新潮社 2007-12
売り上げランキング : 214361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つらいとき、悲しいとき、寂しいとき、
いつも隣にいてくれたのは誰ですか?

「あねのねちゃん」とは、主人公の分身のような存在。
他の人には見えないけど、自分にだけは見える友達だったが、成長するうちに、その存在自体が「想像上のもの」であると思えていた。
その存在が再び姿を現したのは、OLになって失恋したときだった。
心理学でイマジナリー・コンパニオン(実在しない友達)といわれる、架空の友人が、霊的な存在にも思えてきます。
後半の展開に、手に汗握るドキドキするファンタジー小説です。


JUGEMテーマ:オススメの本
2008.09.11 Thursday 05:43 | - | - | 

【金色の野辺に唄う】 あさのあつこ

[ 小説本 ]
金色の野辺に唄う
あさの あつこ

4093797528

関連商品
復讐プランナー (14歳の世渡り術)
ミヤマ物語 第一部
ヴィヴァーチェ 紅色のエイ (カドカワ銀のさじシリーズ)
ぬばたま
風の館の物語(2) (講談社・文学の扉)
by G-Tools

「バッテリー」著者の初の連作短編集。

老女の亡くなる数日間を、家族たちに視点を移しながらドラマティックに描く。

色彩豊かな情景描写と、深い感動が心にじんわりと余韻を残す。


JUGEMテーマ:オススメの本
2008.08.29 Friday 21:09 | - | - | 
 | 1 / 1 PAGES |